最終更新:4月9日|新型コロナウイルスによる留学への影響について

latest Topics Detail
最終更新:4月9日|新型コロナウイルスによる留学への影響について

2021/04/09 18:00更新

はじめに

2019年12月に発生した、新型コロナウイルス関連肺炎は世界的なパンデミックを引き起こしました。
日本でも各所にまん延防止等重点措置が発令され、引き続き予断の許さない状況が続きます。
ご闘病中の方、ご関係者様にはお見舞い申し上げます。

オーストラリアの安全性、留学の可否について

オーストラリアでは新型コロナウイルスに対して初期の頃から日本以上に厳しい対策を取っており順調に収束に向かっていますが、
現段階にあっても依然としてオーストラリア国民及び永住者及びニュージーランド以外からの入国を禁止されている状況が続いています。

各学校機関はオーストラリア政府の方針に基づき運営されており、在学中の留学生に関しましては継続して就学することが可能な状況であり、現状では殆どの学校で通常授業を行っており日常を取り戻しています。また雇用も戻りアルバイトを再開した留学生の声も多く届いています。

留学の可否に関しましては、20/7/20には学生ビザでの留学に関しての特例措置が発表されたことで大きく再開に向けて進みました。
また留学生受け入れのパイロットプログラムとして、まずは一部の州の大学への留学再開を予定しています。
現段階での実施予定はSA州、ACT特別区、NT準州となり、まずは20/11/30にNT準州のCDU(チャールズダーウィン大学)で日本人を含む留学生が入国を果たしました。
またSA州でも同様の取組が予定されており、NT準州も追加で行う計画が協議されています。

いつから留学ができるかということに関しては明確な日程の提示は難しくありますが、オーストラリア側での全面的な国境開放は21/10以降になる見込みです。
尚、日本側では20/11/1より他国に先駆けてオーストラリアの感染症レベルが2に引き下げられました。(渡航自粛要請が解除になりました)
現段階ではトラベルバブル(コロナ感染者数が低リスクの国から徐々に開放していくプラン)が進んでおり、ニュージーランドからの隔離なしの入国は20/12/14に開始され、相互共に隔離なしの入出国は2021/4/19より開放が予定されています。また近日中に同様に低リスク国であるシンガポール、21/8までには日本を含むアジア5カ国トラベルバブルの候補に挙がっています。併せて、NSWではこれらに先だって学生ビザ保有者からの入国を優先させるなどで検討が進んでいるとのことです。

オーストラリアの感染者数推移

1615364028831
1617957714922
(オーストラリア感染者数推移)
1617957747554
(オーストラリア市中感染者数推移)
出典:www.covid19data.com.au
前項でも触れたとおり、オーストラリアの感染者数は世界的に見てもかなり少ない水準をたもっています。
21/4/9時点での過去1ヶ月の1日あたりの感染者数は全土で4-18名、市中感染者数に至っては0-7名と低水準をキープできています。

学生ビザ発給再開及び特例措置が発表されました。(2020年7月20日発表)

20/7/20に豪州政府は、留学生が COVID-19 により不利益を被らない為、及び豪州が留学先として競争力を維持する為に学生ビザの発給再開及び COVIDD-19 の影響を受けた(る) 留学生に対する査証等の特例措置について発表しました。概要は以下のとおりです。

(1)豪州国外において申請される学生ビザの発給を再開する。これにより、国境が開放された暁には、学生が既にビザを取得済みで渡航準備を行うことが可能なことを意味する。
(2)COVID-19の為にビザの有効期間内に学業を修了できない場合、無料で追加の学生ビザ申請が可能となる。
(3)COVID-19の為に現在、豪州国外でオンライン学習している学生ビザ保有者は、当該学習期間を、就学後就労ビザ(post-study work visa)要件にカウントすることが可能と なる。
(4)卒業生が、COVID-19の為に豪州に戻れない場合は、豪州国外で就学後就労ビザの申請が可能となる。
(5)学生ビザ申請者がCOVID-19の為に英語能力試験を受けることができない場合、英語能力試験結果の提出期限が延長される。

発表の詳細については下記(英文のみ)をご参照ください。
https://minister.homeaffairs.gov.au/alantudge/Pages/supporting-international-students-support-australian-jobs.aspx

(本稿出典:オーストラリア政府/在ブリスベン日本国総領事館訳)

現在、留学中の方、留学予定だった方へのYACの対応

留学中の方に関しましては、安全面に注力した上でお客様のご希望をお伺いし個別に対応を実施致しました。
具体的には留学を継続される方にはカウンセリングを含めた生活のアドバイス、ご留学を中断される方には休学等の変更手続き、また断念される方には取消手続き等です。
またオーストラリアではワーホリ、留学生を問わず、滞在されるすべての方へ無料でワクチンの接種が提供されることが発表されました。
滞在中の皆様はご自身のカテゴリーを把握してご自身のカテゴリーが摂取できるタイミングになりましたらご判断くださいませ。

留学を予定されていた方に関しましては、出発日が近い方から、順次、個別にご連絡差し上げております。
同時にご入学日やホームステイや学生寮、学生ハウス入居日の延期等の調整や空港送迎の変更等、個別に対応を進めております。
どなた様もご不安な気持ちは同様だとは痛感しておりますが、YACからの連絡をお待ちいただけますようお願い致します。

尚、本件に掛かり、留学開始日を延期される際に掛かる変更に関しましては、お客様のご負担を軽減できますよう、ご出発日から28日を切っていてもYACに掛かるすべての手数料は無料で対応させて頂きます。また既に保有しているビザが無効になってしまう方で再度のビザ申請が必要な方には、オーストラリアに入国できるようになり次第にビザの再申請に関しても無料でサポート致します。

日程をずらすことが難しい等、ご留学を断念せざるを得なかった方への取消手続きに関しましての手数料は規約どおり収受致しますが、次回ご留学のチャンスに恵まれた際にご利用頂ける特別ご優待券を発行しております。

フィリピン留学に関しましては全校が休校になり、残念ながら留学中の方は帰国を余儀なくされてしまいました。
尚、YACをご利用頂きフィリピンに留学された方は、20/3/23時点で全員が無事にご帰国されました。

2カ国留学を利用されてフィリピン留学を予定されている方には、フィリピンの出入国のルールをきっちりと把握した上で対応を行っております。
残念なことですが、現状ではセブ島、バギオなどにあるフィリピンの語学学校は全校閉鎖されており、また20/3/17よりフィリピンへの入国自体が実質的にできない状態になっており、再開のめどが立たない日々が続いております。(21/4/9現在もセブ島はロックダウン中です)
引き続きフィリピンに留学される方への渡航日程等の調整に関しましては、ご出発が近い方から個別に対応を進めていきます。

コロナ収束後に留学を検討されている方へのYACの対応

現在、多くの語学学校がコロナ収束後に留学される方向けにとても強いキャンペーンを発表しており、YACが留学生のサポートを開始した2005年から最も費用を抑えて留学できる状態になっています。

ただし、いくら金銭的にお得だからといって、お客様のお気持ちを考えますとこのご時世で普段と変わらずご留学を決断することは難しいかと思います。

そこでYACでは「変更・取消手数料 無料キャンペーン」を実施しております。

詳細は下記リンク先をご参照ください。
first-view-slide-02

まとめ

状況は日々変化しており、当投稿も状況の変化が起こる都度、引き続きアップデートを続けます。(今回で28回目の更新です)
20/7/20の学生ビザ発給再開からパイロットプログラムの実施はオーストラリア留学がそう遠くない未来に再開されるという一つの指標になるかと思います。

しかしながら、留学再開の目途に関しましてはオーストラリアは素より、日本の状況が好転しないことには実現しません。
YACでは今後も引き続きオーストラリア、フィリピンの各機関と連携を取り、常に最新の情報をキャッチし、事態が収まりましたら速やかに安心して留学を実現できる体制を整えていきます。

これからご留学を考えている方、ご準備を進めている方、既にご渡航中の方、留学生のご家族様や関係者様に於かれましては、いたずらに不安を煽るようなメディアの情報だけではなく、信頼できるソースから正しい情報を得て、過度にご不安になられませんようお願い申し上げます。

また一部留学ができる国が出てきていることで渡航先の変更を検討される場合、その国が本当に安全なのかという点をしっかりと考えてからご判断頂きたく思います。
一日も早く平穏な日々が戻ってきますことを心より願っております。

株式会社YAC
代表取締役 山田 悠人

出典

WHO (World Health Organization)
Novel coronavirus (2019-nCoV):Australian Government Department of Health
Updated travel advice to protect Australians from the novel coronavirus
ABC News
新型コロナウイルス感染症について:厚生労働省
海外安全ホームページ:外務省
新型コロナウイルスについて:オーストラリア政府観光局

参考リンク

航空会社

日本航空(JAL)
全日空(ANA)
カンタス航空
ジェットスター航空
エアアジア航空
スクート航空
マレーシア航空
シンガポール航空
キャセイパシフィック航空
大韓航空
中国南方航空
中国東方航空

オーストラリア政府内務省

COVID-19(新型コロナウィルス)とオーストラリアの国境について(外部リンク/PDF)
すべてのビザ保有者向けの情報(外部リンク/PDF)

オーストラリア留学資料のご請求

資料請求ボタン

更新履歴

2021/04/9 更新(28):

2021/03/10 更新(27):感染者数の詳細を追加、留学生を含むすべての希望者に無料でワクチン接種など
2021/01/19 更新(26):SA州にてパイロットプログラムの実施予定について、現在のオーストラリアの状況など
2020/12/01 更新(25):CDUにて留学生受け入れ再開、VIC州ロックダウン解除、日本側の渡航自粛要請解除など
2020/11/13 更新(24):過去2週間でのVIC州感染者数0名、モリソン首相来日決定など
2020/10/30 更新(23):州境開放のロードマップ、モリソン首相来日予定、VIC州の更なる規制緩和など
2020/10/20 更新(22):VIC州規制緩和など
2020/10/02 更新(21)
2020/08/29 更新(20)
2020/07/21 更新(19)
2020/06/26更新(18)
2020/05/08更新(17)
2020/04/10更新(16)
2020/04/03更新(15)
2020/03/31更新(14)
2020/03/26更新(13)
2020/03/24更新(12)
2020/03/20更新(11)
2020/03/19更新(10)
2020/03/18更新(9)
2020/03/17更新(8)
2020/03/16更新(7)
2020/03/12更新(6)
2020/03/05更新(5)
2020/03/03更新(4)
2020/02/26更新(3)
2020/02/19更新(2)
2020/02/07投稿(1)